Stella by starlight アナライズ

「ジャズ ソルフェージュ」では転調時の歌い方についてChapter 7で記載していますが、ジャズの場合は、転調していても調号を変えないのが普通なので、何処で転調しているか分からない。 また、メロディーが繋がっていて歌い替えが難しい、など困難に直面することもあると思います。

「ジャズ ソルフェージュ2」ではChapter 10  モードの変化・転調・あいまいな転調において、転調をモードの変化として捉えることにより歌い替えせずに歌った方が良い場合や、転調のようで実は転調していないとも理解できる曲例を挙げています。

 

Stella by starlight / Victor Young は転調が多くて難しい、という人がいます。12回もキー・チェンジしているアナライズを見たことがあります。しかし、実際はモーダル・インターチェンジなどの代用コードが使われているだけで、転調は1回だけで元に戻る、とするのが妥当と思います。そのアナライズは以下です。

(コード・アナライズの読み方はジャズ理論のページにあります)

① E-7(b5):A7のリレイテッド・マイナーセブンはEm7ですが、Bbキーに合わせて(b5)となった。

この#IV-7(b5)はテンションを含めるとI maj7と5つの共通音を持つため、トニック・コードの代理として使われることがある。9小節目までトニック・コードが現れないので、このコードが最初に来るのは意味がある。

E-7(b5) | A7 と C-7  |  F7  は共にトニック・コードに向かうII – V だが、解決せずにサブドミナント( Ebmaj7 )に向かい、サブドミナント・マイナー( bVII7 )、②のトニック ( Bbmaj7 )へと解決する。

②と④のメロディーとコードは同じ動きをしているので、その間にBbからFに転調しているようにみえる。

③を見ると、メロディーがE♮になっているので、この辺りから転調していると思われる。A7をピボット・コードとしたが、その前後のコードも可能性としてはある。

⑤ Bbキーに戻るときのピボット・コードは他にも可能性があるがD7とした。

⑥ メロディーがフラットしているのは、Bbハーモニック・マイナーからのモーダル・インターチェンジ・コード( C-7(b5)  |  F7(b9)  )に合わすため。一時的なマイナー・フィーリング。その前のII – Vも同様。

 

キー(ここではBb)が近親調に転調した場合は転調感の少ない転調が可能だが、特にドミナント(5番目を意味、ここではF )に転調した場合の転調感は少ない。このことを念頭に書かれた曲と考えられるが、気になる点がある。

②と④のメロディーは共にFa  Mi  Re  Do であるが、第1拍目のメロディー音はアボイド・ノートのFa である。 このFa音はモード音楽(Mode)ではイオニア・モード(Ionian Mode) を特徴付ける特性音となる。

そう考えると、全体のメロディーもモードっぽく牧歌的に思えてくる。

転調をモードの変化として歌う

Stella by starlight は転調している場所での歌い替えに十分な時間がなく難しい。そこで通してBbキーで歌うとどうなるか。矢印のE♮の音はFi になり、リディアン・モードに変わったと感じ、メロディーが Fa (Eb)に戻った時点でメジャー(Ionianと同じ)に戻ったと感じる。

このような例では、同じトーナル・センター(Doのこと)で通してソルフェージュで歌うことはメロディーを直接アナライズする。

コードについて:コードの動きはモードのものではない。転調している部分のコードは上例のものも使われる( Fmaj7  |  E-7(b5)  |  Ebmaj7  |  D7  の部分)

曲によっては、転調をモードの変化として歌った方が、曲が覚えやすく、歌いやすくなり、移調も楽になります。 これらはBachのメヌエットを始め、G. Gershwinなどに多くの例があります。「ジャズソルフェージュ2」Chapter10に実例をあげ解説しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*キャプチャ コードを入力して下さい