ジャズ理論

難解なジャズ曲のアナライズを中心に、理論の一部についても解説しています。

アナライズの読み方についてもこのページに載せています。

 INDEX

①  分かりやすいインターバル

初級 、 一般音楽基礎

②  Dolphin Dance アナライズ

上級 、 講義ノートから

③  Contiguous II-V’s

上級 、 紹介の少ないジャズ理論

④  Bluesette と Solar

上級 、 Bebop blues の考察

⑤  Con Alma アナライズ

上級 、 コンディミによるメロディーと転調

⑥  Giant stepsへの道

Lady Bird アナライズ ー Lazy Bird アナライズ ー Giant Steps アナライズ

上級 、 Giant steps 誕生への考察


ソルフェージュ・サポート・ページのジャズ理論

①  Stella by starlight アナライズ

上級 、 転調をモードの変化として捉え歌う Go

②  ブルースの歌い方

初級 、 ブルース・コードとドミナント・コード  Go

③ 「転調を歌う」ーAll the things you are のアナライズ

中級 、 アナライズし、転調を歌い替えして歌う  Go


コード・アナライズの読み方

当サイトとバークリーにおけるコードアナライズの読み方です。

 

コードは大文字のローマ数字でキーとの関係を表現する。

①〜③:いずれもブルース・コードの I7 と IV7 。

:同じ F7 であるが、その前にF7 のリレイテッド・マイナー7th(Related minor 7th) がきているのでこの F7 は IVに向かうセカンダリー・ドミナント・コード。Five seventh of four と表現。

ドミナント・コード(2ndaryを含む)とそれ以外のセブンスコードは区別する。

マイナー・セブンス・コードが5度下のドミナント7thに向かう時、下にこのような実線を入れる。この線でII-Vの関係が分かり、C-7はF7のRelated minor 7thとアナライズされる。それ以上の意味がないのでC-7のローマ数字は入れない。

ドミナント・コードが5度下に解決する時は実線の矢印を入れる。

:Natural minorから借りてきたモーダル・インターチェンジ・コードであってドミナントではない(subdominant minor)ので数字のみで表現する。(II-Vの時に入れる下線は入れても入れなくても可)

:A-7 はダイアトニック・コード (III-7)としての機能もあるので(dual function)ローマ数字も入れる。

:D7は本来向かうコード( G-7 )とは違うコードに向かうので偽終止( deceptive resolution )。必ず( )が必要。向かう先が代理コードなどに替わって、5度下にも半音下にも解決しないときも( )が必要。

半音下に解決するときは破線の矢印になる。

⑨、⑩:マイナー・セブンス・コードが半音下のドミナント7thに向かう時下の線は破線になる。

⑪、⑫:subV7はSubstitute dominant(ドミナントの代理)の意味、いわゆる裏コード。

 

転調の時のアナライズは「Con Alma アナライズ」 ページの最後にあります。