Wave アナライズ

この曲の特徴の一つはフォーム(Form)にある。
AABA形式のAセクションにブルース・フォームを使う曲は、John ColtraneのLocomotion などがあるが、それらはRhythm changeのブリッジである。Jobimはその形式を踏襲するものの、BセクションではThe Girl From Ipanema やOne note Sambaにみられる同じメロディーを転調して繰り返すということをしている。また、当時全盛期であったモードの手法を取り入れている。

この曲の特徴の一つはフォーム(Form)にある。

AABA形式のAセクションにブルース・フォームを使う曲は、John ColtraneのLocomotion(「Blue train」1957)や Clark TerryのTee Pee Time(「It’s what’s Happenin’」1967)などがあるが、それらはRhythm changeのブリッジである。

Jobimはその形式を踏襲するものの、BセクションではThe Girl From Ipanema やOne note Sambaにみられる同じメロディーを転調して繰り返すということをしている。

Aセクションの形式はブルースではあるが、只一箇所を除いてはブルース臭さは無く、洗練されたBossa Novaに仕上げている。

ブルースのコード進行は様々あるが、機能の位置関係は上のようになり変わることはない。例はD ブルースの一般的なコードである。

冒頭のアナライズ楽譜を元に説明すると、

① ♭VIo7のコード・スケール

♭VIo7は下行してV7にアプローチするディミニッシュ・コードだが、IVに向かうセカンダリー・ドミナントのII – V7 のII-7にアプローチしている。同じく下行するディミニッシュ・コードである♭IIIo7と比べると♭VIo7の出現頻度はかなり少ない。コードスケールは次のようになるが、メロディーはそこから外れていない。

フラット系(下行する)のアプローチまたはパッシング・ディミニッシュのコードスケールは同じコードのシャープ系と同一のものを使用する。つまり、♭VIo7は#Vo7のコードスケールを使う。 #Vo7のコードスケールはそのコードトーン(CT)にアプローチするコードを加えたスケールになる(上例ではBbo7 + Bm7)。コードトーンの♭9上(つまり半音上)の音はAvoid(上の黒音符)となる。

② エクステンド・ドミナント

上は理解のために、Waveになる少し前のコード進行例を書いてみた。

ブルースで、4小節目と8小節目のセカンダリー・ドミナントのII – V が伸びて2小節になることは機能的にも問題ないのでよく起こる。5小節目からのサブドミナントがマイナーになってIII−7に向かう進行も定番の進行である。

Waveでは更に上の進行からエクステンド・ドミナント(Extend dominant)に変わっている。エクステンド・ドミナントとはドミナント(ここではA7)から前にさかのぼってドミナントを連続させるテクニックだが、この場合には m7thコードが 7thになっただけである。

更にドミナントのA7には裏コードのBb7が装飾的に加えられた。

④ ドリアン・モードに変化

ブルースのAセクション最後の2小節はモードがドリアンに変わっている。モーダルインターチェンジと考えてもいいと思うが、この部分はイントロにも使われており、モードが変化したと強く感じる。アイデアの元はTake Ten (Paul Desmond、1963年リリース)かもしれない。take tenはA セクション全てがドリアン・モードでWaveと同じDm7 – G7 だけで書かれている。作曲で他人の曲からアイデアを得た場合に、その痕跡をわざと残す例はよくみられる。Waveの場合は、Take Tenと同じキー、同じCadence code(ここではG7)が残されたと考えるとWaveのキーがD であるのが納得できる。というのは考えすぎか? モードに関しては当サイトのジムノペディ・アナライズに説明があるので参考にしてほしい。

⑤ Dual function 

ブルースのAセクション最後のG7はBセクションに動く時は、FキーのドミナントC7に向かうドミナント(V7/V)として機能する。つまりBセクションでは転調しているが、このG7はそのピボットコードでもある。最後の矢印はそのG7が2つの機能を持っていることを示している。

⑥⑦ B セクション

B セクションは、Jobimが好きな、同じメロディーが転調して繰り返すパートになっている。⑥から⑦へは全音下に転調するポピュラーなテクニックが使われている。I キーがモードが変わって I m7になり、それが II m7として機能して(ピボット・コード)全音下に転調するというHow High The Moonで有名な転調形式である。

⑦のEbキーからAセクションのDキーに戻るのは、I maj7が bII maj7として機能し(ピボット)半音下に転調している。bIImaj7はAll the things you areアナライズに説明がある。これと同じ半音下に転調する例はAireginで多用されている。

⑦ のコード進行は原曲では別の物が使われているが、メロディーが転調する場合はコードも転調するのが常であり、理論的にはここに挙げた進行が納得できる。ジャズではこの進行が使われることが多いように思う。原曲のコード進行も機能は同じである。

 

メロディーのアナライズ

③ に、元がブルースということを示すためなのか、ブルース・スケールでメロディーが書かれている。

⑥と⑦は同じメロディーで転調している。エグザクト・シークエンスのメロディーと言える。(The Girl From Ipanema 参照)