Music of Tom Jobim

Tom Jobin(Antonio Carlos Jobim)(1927年1月25日 – 1994年12月8日)の音楽はジャズ・ミュージシャン好みでよく演奏される。しかし難解だという話をよく聞く。

彼はスタンダード・ジャズの作曲家としては比較的後期に属しており、彼の音楽にはそれまでの作曲家の影響が強くみられる。ハーモニーもブラジリアン・ハーモニーよりもジャズ・ハーモニーの影響が強いように感じる。

彼の音楽をアナライズすることは、スタンダード・ジャズのアナライズやジャズ理論の理解に役立つと考え、このアナライズ・シリーズをスタートすることにした。

アナライズする場合に元の曲のコードなどが間違っていては話にならない。幸いTom Jobim に関しては彼のオフィシャル・サイトが存在しそこに楽譜が載っているので、それを参考にした。

ご意見やご質問がありましたら、ご遠慮無く頂けたらうれしいです。

 

アナライズの概要

アナライズの読み方については、本サイト「ジャズ理論」に説明があります。

メロディーについて:ハーモニーをアナライズする時にメロディーがどのようになっているかをみることは非常に重要で、特に転調しているかどうかの判別には必須である。

ここではメロディーは音の高さのみでそのリズムは表示していない。また、同じ音が繰り返される場合は1音のみに、更にアンティシペーションで前の小節に移動した音は前の小節には表示していない。メロディーのリズムについてはオフィシャル・サイトをみてほしい。

全音符で表したピッチの下の数字はそのキーに対する度数を表すので12音ソルフェージュで歌ってほしい(1= Do ….)。時に12音ソルフェージュで表す場合もある。

また、数字がイタリック体の場合は、そのコードのルートからの度数を表す。

 

The Girl From Ipanema

So Danco Samba

Wave

Triste

Dindi