移調楽器(Tp , Sax など)における12音移動ド

(ジャズソルフェージュFaceBook 2016/09/20投稿)

移調楽器で移動ドをするには、初めは複雑に感じます。しかし、実際は移動ドに最適な楽器かもしれません。通常はコンサート・キーでの実音のことは考える必要はないです。

楽器で「ファ#」の運指とか「ソ」の運指とか固定ドで覚えた人は「F#」の運指、「G」の運指というアルファベットの音名に直してください。クラシック畑の人はドイツ式の音名「Fis」や「G」がいいかもしれません。
あとは、Fのスケールは、Fから始まる「ドレミファソラシド」という風に、12の音階が吹ければいいだけです。この時、ソルフェージュとアルファベットの音名(F G A・・・)との関係を覚えてください。この場合の音名とは移調楽器での音名です。

音名は、Fキーの場合は「F G A Bb C D E F 」ですが、メロディック・マイナーの場合は3度の「A」を半音下げる。ハーモニック・マイナーでは6度の「D」も半音下げるという運指になるので理論的にも分かりやすいです。この方法は、Do-based minorといい、全てのモードにも使うことができます。(例えば、F Dorianでは3度の「A」と7度の「E」を半音下げる)

理論的に分かりやすいということだけでなく、メロディーをイメージしやすくなるという利点があります。
移調楽器用の譜面を見て初見で演奏する場合は、アルファベットの音名で運指することになりますが、慣れてくると音名など考えなくても楽譜と運指が直結して演奏できるようになるので問題はないと思います。

このように譜面は移動ドで読まなくても演奏できると思いますが、余裕があれば移動ドで読んでみてください。メロディーの意味がつかみやすくなり、覚えやすくなります。
譜面を移動ドで読めるようになれば、コンサート・キーの譜面でも、また別のキーで演奏することも簡単になります。

初めからコンサート・キーで運指を覚えるという方法もありますが、今度は移調楽器用の譜面を読む時に苦労することになります。
移調楽器で「ジャズソルフェージュ」の読者が少ないように感じるので書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*キャプチャ コードを入力して下さい